ゴシゴシ洗髪は髪に逆効果!?40代からは『いたわり』頭皮ケアが◎だって!

2019.05.27

「髪のパサつき、抜け毛が気になるー!」40代からはいたわり頭皮ケアが◎

もともとサラサラツヤ髪だったのに、気づいたらパサ髪だったり広がりヘアになって、抜け毛も多い!?これ、年齢とともに諦めなくちゃダメ?ツヤ&サラ髪を取り戻す方法はない!?一縷(いちる)の望みをかけて、若松町こころとひふのクリニック院長の檜垣祐子(ヒガキユウコ)先生のもとへ!

うれしいことに、解決策を教えていただくことができました!その鍵となるのが、『いたわる』頭皮ケア。とくにエイジングとともに髪の悩みがでてくる、40代からやるべき頭皮ケアを紹介します。

頭皮ケアは「顔と同じように」が合言葉!

── 先生、最近、髪のパサつきや抜け毛がとても気になるんです!でも、ちゃんと念入りに洗っていて、気を付けてはいるのですが…。なぜでしょう!?

「髪は、その人の印象や個性を表現する大切なパーツ。いくつになっても豊かで美しい髪をキープしたいという気持ちは女性として当然のことだと思います。だからといってヘアケアのしすぎはNGなんですよ。

シャンプーの2度洗いをしたり、念入りにゴシゴシしたりして無理に毛穴の汚れを落としてしまうと、必要な皮脂までなくなってしまい、かえって乾燥などによる頭皮トラブルを招く恐れもあるんです」

── な、なんと!?やってはいけないことをやってしまっていたってことですか!?勝手なイメージですが、ゴシゴシ洗わないと毛穴の汚れが取れずに髪の毛によくないと思いこんでいました!

「顔と同じように頭の皮ふにも自浄作用があり、古くなった角質などはターンオーバーによって自ら剥がれ落ちる機能を持っています。でも、洗いすぎることで、皮ふが持つ本来の機能を鈍感にさせている場合もあるんですよ。知識や、巷(ちまた)の美容法などにとらわれすぎず、自分の身体の声を聴いて、それに従うことを大切にしてほしいですね」

── やりすぎて、本来の機能を妨げていたかもしれないなんて!ゴシゴシしすぎてはダメなんですね。そのほかに、髪のためにやった方がいいケア方法はありますか?

「シャンプーの際に頭皮マッサージなどを加えると血行がよくなるので、効果的ですよ。そもそも髪は、『毛包』という頭皮の下にある器官で作り出されるため、毛包に栄養をしっかり届けることが美髪にとって重要なんです。

頭皮マッサージは、頭皮の血行を促すことで毛包に栄養を届けるのはもちろん、心地よさやスッキリ感など、五感を刺激する作用もあります。髪だけではなく、心にも身体にもいい方法ですよ」

── 髪だけでなく、心にも身体にもいいなんて、一石三鳥!頭皮マッサージのやり方でコツはありますか?

「指の腹を使って、頭皮を動かすようなイメージでゆっくり揉むようにしながら、頭全体をマッサージするのが効果的です。あまり考えすぎず、『気持ちいい』と感じるよう指を動かしましょう。爪を立てたりゴシゴシこすったりすると頭皮が傷ついて炎症を起こす可能性もあるので、注意してくださいね」

── なるほど、ゴシゴシ洗い過ぎず、気持ちいい程度のマッサージを行う…これが「いたわり」頭皮ケアなんですね!

美髪への近道はストレスケアが鍵

── 先生、頭皮マッサージのほかに、美髪のために気を付けた方がいいことはありますか?

「いたわる頭皮ケアが効果的なように、髪のためには心身ともにリラックスし、ストレスから解放することが重要です。ストレスを受けることで頭皮の血流が悪くなり、毛包に栄養が行き届きにくくなることも。また、ストレスを受けると顔から上の皮ふに痒みや赤みなどの症状を感じやすいという研究結果もあるんです」

── 頭皮や髪の健康とストレスは切り離せない関係なんですね!ただ…会社でも家でも、イライラすることがけっこうあって、なかなかストレスなく生活するのも難しそうです… 。

「特に40代以降の女性は、自分の健康状態や育児、家事、会社で置かれる立場などにおいて、ターニングポイントが重なり、非常に多くのストレスにさらされていますからね。

ストレス因子をなくすことは難しいですが、『ストレスがかかるのは当たり前』と捉え方を変えてみて、ストレスを軽減する方法に目を向けましょう。手軽にできるリラックス法を実践するだけでも、心が少し軽くなるはず。決してストレスを抱えこまず、自分をいたわることを優先しましょう」

── なるほど!それなら実践できそうです!

心地よさを重視する生活習慣も大切

──よく、髪の毛にいい食材の話などの話を耳にしますが、食事など日常生活で気を付けた方がいいことはありますか?

「食事や睡眠といった生活習慣の改善もちろん重要ですが、大切なのは、『自分自身の心地よさ』です。『〇〇を食べればいい』『〇時間寝ればいい』といった知識ではなく、自分の身体の声に耳を傾けてください」

・食事

「大切なのは、栄養バランスのいい食事をとること。髪にいいからと、たんぱく質やミネラルなど、髪の成分となる食材ばかりを食べてはアンバランスになり、健康的な食事とは言えません」

・睡眠

「睡眠中に分泌される成長ホルモンは、髪の生まれ変わりを促したりダメージを修復したりするため、質の良い睡眠は必要不可欠です。重要なのは、睡眠時間よりぐっすり眠れたと自分自身が感じられるかどうか。自分が心地いいと感じられる睡眠の習慣を見つけましょう」

・バスタイム

「忙しい毎日のなかで上手にストレスを解消するには、バスタイムを有効活用するのもひとつの手。ストレス解消には『快適だ』と感じられることが重要なので、湯船につかってリラックスするのもいいでしょう」

美髪のためには、頭皮はもちろん、心も身体も「いたわり」ケアが必要なんですね!自分をとことんいたわってあげて、髪も心も身体もスッキリできるなんて、いいこと尽くし♪

監修:檜垣 祐子 先生
若松町こころとひふのクリニック 院長
1982年、東京女子医科大学卒業後、東京女子医科大学教授、東京女子医科大学附属女性生涯健康センター副所長を経て、若松町こころとひふのクリニックでの診療を始める。専門はアトピー性皮膚炎、皮膚心身医学など。主な著書に『皮膚科専門医が教える やってはいけないスキンケア』など。女性の視点に立ったきめ細やかな診察と、患者の心理面にも配慮した診療には定評がある。


頭皮をいたわるアイテム「SLEPIA」って?

頭皮をいたわるアイテム「SLEPIA」って?

SLEPIA」シリーズは頭皮のエイジングに着目して開発された、いつもの習慣にマッサージを取り入れながら頭皮をいたわれるアイテムです!保湿成分が配合され年を重ねてもうるおいに満ちたハリのある毛髪と頭皮に導いてくれるんです。年齢にともなう髪のパサつきや頭皮の乾燥が気になる人にぴったり♪

ラインナップは全部で3種類。必要なうるおいは残して汚れだけを落とす泡立たないタイプのシャンプー&コンディショナー「ヘアクレンジング」、ヘアトリートメントもできる頭部マッサージ用の美容クリーム「頭筋ストレッチクリーム」、頭皮にたっぷりのうるおいを与え引き締める「頭皮用美容液」が揃っています。

どのアイテムも、シャンプーやトリートメントなど毎日のヘアケアのなかに頭部のマッサージを自然に組み込むことができてとっても手軽!さらにハーバルフローラルのほのかな香りがバスルームに広がり心地いい気分に。疲れた心や身体を癒しつつ美髪にも導いてくれますよ♪

忙しかったりストレスを感じやすい40代からの女性のきれいを後押ししてくれる「SLEPIA」をお供に、頭皮もスキンケアして自分をいたわりましょう。

撮影:花盛友里、モデル:AIKO、スタイリング:末吉久美子、ヘアメイク:吉川陽子
衣装協力:ワッフルワンピース ¥5,900/ALPHA INDUSTRIES

この記事を気に入ったらフォローする